2021年9月23日木曜日

【旅行記】2021年9月23日 大阪府枚方市 山田池公園

前回、紫陽花を撮りに行き、カメラの電池を忘れた山田池公園にリベンジw
秋も間もなく終わり、冬が始まりますが、曇りまくってコロナで何にもお出かけできなかった夏を取り戻すように、暑い暑い一日でした。
でも、彼岸花を撮ると、もう次は冬の始まりだね。
今年は天の川、あんまり撮れなかったなあ

















2021年9月3日金曜日

Photoshopを使用して全周魚眼レンズの画像からリトルプラネットを作る

全周魚眼レンズを真上に向けて撮影した画像は、空が180度写っている丸い画像になります。これをPhotoshopを使用して、球面部分を地上(ほんの少ししか映っていませんが)にし、周辺部分を空にする手順を備忘録としてまとめておきます。

なお、ある程度Photoshopの基本操作は理解している前提の手順なので、細かいツールの内容はググってみてください。

1 Photoshopで画像を開き、楕円形選択ツールで画像のある部分を円形に選択して右クリック、選択範囲をコピーしたレイヤーを作成します。
 
2 長方形選択ツールで画像が中央に来るように正方形を選択し、イメージ → 切り抜き で正方形に切り抜きます。

3 イメージ → カンバスサイズ で 余白の大きさを整えます。現在の余白スペースと画像部分半径は、それぞれ出来上がりで
  ・余白スペース → 惑星半径
  ・画像部分半径 → 余白スペース
という風に入れ替わりますので、それを踏まえてサイズを決定します。


4 3のレイヤーを複製し、背景を黒に塗りつぶします。

5 フィルター → 変形 → 極座標 で「極座標を直交座標に」を選択します。


6 編集 → 変形 → 180°回転

7 フィルター → 変形 → 極座標 で「直交座標を極座標に」を選択します。


8 編集 → 回転 で好きな位置に回転します。

9 イメージ → カンバスサイズ で端のゆがんでいる部分を切り抜きます。


10 4で複製した際のレイヤーのバックアップを表示し、大きさと回転を合わせて惑星部分に配置します。

11 必要に応じて、惑星レイヤーにレイヤーマスクを適用し、グラデーションをかけると立体感が出ます。

12 完成!

2021年7月24日土曜日

【旅行記】2021年7月23日 兵庫県小野市 ひまわりの丘公園

夏といえばヒマワリ🌻でしょう!
ということで、今年は兵庫県小野市のひまわりの丘公園にお邪魔しました。
いつもyoutubeで見てるゆーとびさんがいましたw
思った以上に大声でしゃべりながらやっていて、ひまわり畑ならまだしも、あべのハルカスとか大変やったやろうなあ、と思ったのでした。
以前に行った佐用町のひまわり畑と違って、公園に隣接してひまわり畑が整備されているので、夕焼けを撮りたくて4時間ぐらい居ましたが過ごしやすかったです。
まあ、死ぬほど暑かったのには変わりませんが…