2020年8月2日日曜日

【旅行記】2020年8月1日 竹田城跡

やっと梅雨も明け、週末に久しぶりの青空が戻ってきました。
前々から行きたいと思っていた竹田城跡に行ってきました。

ブームになったから、コロナ禍の中とは言え、結構混んでいるのかなと思ったんですが、人は本当に少なくて、広角レンズでもちょっと待てば人を入れずに構図が取れる、そんな人出でした。

山奥なのに、行き届いた整備と、そこかしこに立っている説明のおじさんが楽しそうに竹田城のウンチクを話してくれるのがとても楽しかったです。

ちょっとコロナの勢いが再び増している今日この頃、Gotoキャンペーンの是非について賛否あるところですが、超有名観光地がこんな状況では、確かに観光業界を何とかしないと致命的なことになるかもしれません。

難しい選択ですね…



























2020年7月11日土曜日

【写真】2020年7月11日 Canon EOS R5 R6 体験会とハービスエントのSONYストア

Canon EOS R5 R6 体験会とハービスエントのSONYストアに行ってきました。

Canon EOS R5 R6 体験会は、現在R5を絶賛検討中なので、行って聞きたいことイッパイで、確認することや質問することをまとめてドキュメント作って行ったんですが、本体の写真は電源切のみ&質問は操作方法に関することのみ(機能的な質問は別途フリーダイヤル)だったので、ちょっと消化不良な感じ。

大阪会場は3組の試験機が用意されていましたが、全国で4会場しかないのですから、何でも答えられるようなエキスパートを用意して、どんどんマニアにカタログにはない細かい情報を拡散してもらったら良いのにね、と思ったのでした。

でも、実機はEOS Rで問題とされた箇所は完全に解消され、「高画素」「高感度」「高連写」の全てのバランスが非常に高い、真面目な高性能機に生まれ変わった感じです。
動画機としてのポテンシャルは未知数で、録画時間や条件に対する、特に冷却関係におけるネガティブな話題も出ていたりしますが、これらがどうなるでしょうか。

・動画の設定にfullHDも含めて60Pまでしか表示がない(120Pはスロモ専用?)
・プレビューは十分早くなった
・R5と6で質感差は感じない
・iso6400で黒いポスター撮影した時のノイズは、気持ちR6の方が少ない気がした

それで、ついでにハービスエントのSONYストアにも行ってきて、α7シリーズをいじり倒してきました。
スタッフにα7SII後継機の話も聞きましたが、何も伝わっていないそうです。

今回、Panasonic LUMIX S1を手放して、Canon EOS R5 or R6、SONY α7S後継機にシフトする予定です。S1を手放そうと思った大きな理由が
・大きい…のはまだイイけど、とにかく重いのがツライ
・4K60PがAPS-Cクロップされてしまうので、超広角が使えない

そして次の機種に求める優先順位は、
・4K60Pがクロップなしで音声あり録画ができること
・星を撮るので高感度が強いこと
・スナップはF4通しぐらいのミドルスペックを使うので、標準ズームで合計1.5kg以下

さて、Canonの発表は大いに盛り上がりました。
SONYの発表も楽しみですね。でもSONYさん、7月中に大きな花火を上げないと、R5に流れてしまいますよ。