2021年2月22日月曜日

【旅行記・星景写真】2021年2月22日 奈良 龍王ヶ淵

そろそろ、明け方に夏の天の川が見える時期がやってきました。
立ち上る夏の天の川は横一線になるので、リフレクションが撮れれば美しいだろうなと思い、龍王ヶ淵に行ってきました。
11月の美ヶ原高原以来なので、ずいぶん久しぶりの星景写真撮影です。
休暇をもらって4連休にしていたため、平日の前日となる22日の早朝に出向きました。2時ごろに到着したら誰もいなかったので、まだあまり知られていないスポットだから、平日は人がいないなと思っていたら、4時前から着々と到着し、4人でお話しながら明け方まで撮影をしていました。
星景写真スポットは、あまり人気があるところはひっきりなしにLED照明が焚かれたり、フレームに撮影者が入ったりして、「作品」を創るのは難しかったりするんですが、一方で、星景写真を撮るような場所は、当たり前ですが真っ暗なので、誰もいないとメチャクチャ怖かったりします。
特にここはしょっちゅう魚が立てる水面の音や、動物が立てる繁みのガサガサ音や鳴き声にビクッとなるので、4人というのはちょうどよい加減だったと思いました。
空は、晴れてはいましたが、元々ここはあまり暗くない上、ちょっと地平線付近が霞がかっていて、肉眼ではほとんど見えませんでした。キレイでしたが、一方で鶴姫公園、大台ケ原の開通が待ち遠しい、そんな撮影でした。















【旅行記】2021年2月21日 大阪 長居植物園

感染症対策で、できるだけ休日も家にいるようにしていましたが、さすがに息が詰まります。
ちょっと花でも見て気持ちを落ち着けようと、様々な梅が見ごろだということで、長居植物園に行ってきました。

そしたら、割と人いっぱいなんですよね。
まぁ、今回の緊急事態宣言も、前回ほどじゃないにせよ、確実に効果は出ているようなので、マスクを外して会話する飲食店(特にお酒飲む店)がかなりクリティカルだったのでしょうかね…































2020年12月31日木曜日

2020年に買ったカメラ機材

2019年6月にGH5で初めて星を撮りに行って以来、すっかりカメラの魅力に取りつかれ、2020年もコロナ不景気などものともせず、全力で経済を回しましたw
ありきたりですが、自分の思い出も兼ねて、買ったものを振り返ってみます。

【カメラ】

【レンズ】

【その他】

買ってよかったもの
次点
次点はEOS RPです。次点となっていますが、今年一番活躍してくれたカメラかもしれません。というか2台買ってしまいましたw
ゴールドと黒、ゴールドは35㎜や50㎜のちっちゃい子を付けてお出かけのお供にスナップ大活躍、黒はまだ来たところなのでこれからですが、IR改造したので星景に早く連れて行ってあげたいですね。

北極星導入が上手くいかなくて、一度は挫折した赤道儀追尾を再開できた最高のプレートです。きっかけは星景写真家の湯淺光則氏のyoutube動画で、「北極星の導入なんかしなくていい」と。衝撃でしたが、このコンパスアングルプレートを購入して試してびっくり。さっとコンパスに合わせてだいたい北に向けるだけで、赤道儀追尾が14mmなら2分ぐらいは余裕で成功します。50㎜でも2分大丈夫だったので、私の用途には十分すぎました。スカイメモT売っちゃわなくて良かった。

4位
5位のアングルプレートを購入してから、赤道儀追尾を再開したので、地上風景と星空のいわゆる新星景写真を再開しました。地上風景と星空それぞれを加算平均コンポジットするので、その作業がこのソフトのおかげで大幅に効率化することができました。
ちょっと残念なのが、買ってすぐバージョン9が発表されたこと。弱点だった処理速度に改善がなされたということで、悔しいけどバージョンアップかなぁ。

3位
初めてのフルサイズ一眼はEOS 6Dでした。5chの星景写真スレでオススメされていたので買って気に入って長いこと使っていました。でも、Panasonic S1を追加導入して2台運用になって、液晶モニタが固定であることや、インターバル撮影機能がなく、レリーズが必要なことなどが煩わしくなり、EOS 6D Mark IIに乗り換えてしまいました。
一方で、この頃、IR改造機に興味を持つようになってきて、まずはヤフオクで手ごろなのでも探してみようかなぁと思っていたところ、6DのIR改造機が手ごろな価格で出ていたので、再び6Dを手にする事になったのでした。
星野写真をやってこそと言われたりしますが、星景写真でも夏の天の川やオリオン座大星雲、ベテルギウスはやっぱり色が違います。とってもとっても気に入ったので、R6が来たら手放そうと思っていた2台のRPの1台をIR改造に出して、改造機2台体制を敷くことにしました。

2位
星景写真を始めて1年ぐらいは、「星と風景をいかに綺麗に撮るか」しか考えていなかったように思います。「アートとしての、作品としての星景写真」を意識するようになって、フィルターの必要性を感じるようになってきたため、最近の作品には導入しています。
古いデータを見ると、あ、オリオンこれか、とか思うぐらい空が地味w
ただ、これは良し悪しで、実際に星景を撮りに行って空を見ると、
「コンディション良いところは星が見えすぎて星座わかんねー」
とか言ってたりしますw

1位
1位はEOS R6です。R5を予約していたんですが、Amazonに勝手キャンセルされて手に入れる目途が立たなくなり、冷静になってR5、R6、α7SIIIの費用対効果を分析したらR6が良い気がして購入しました。星空の動画が撮れたり、星景でISO12800が使えたり、手になじむIFといい、これから使い込んでいくのが楽しみなカメラです。
レンズが一つも入ってないじゃんwという説もありますが、レンズは相変わらずSIGMA 14mm F1.8 Artが4番バッターで大活躍なので、今年は、スナップ用のRF純正が充実した年でした。
RFにSIGMAが参入するという噂や、Canonが14-24mm F1.4とかいう化け物を開発中とかいう噂なんかを聞くたびにワクワクします。きっと来年もレンズを買うのでしょうw

2020年12月13日日曜日

【旅行記・星景写真】2020年11月14日 奈良 龍王ヶ淵

 2020年11月14日 奈良 龍王ヶ淵に星景写真を撮りに行きました。
 美ヶ原高原の旅行の最終日、その興奮も冷めやらぬ中、SCWを見たら、最終日も雲のない上天気じゃないですか。旅行のテンションのまま、長野から6時間運転して帰ってきたのに、2時間後にまた2時間かけて星を撮りに出かける、ちょっとイカレテマス。
 流石にスイッチ切れた後はグッタリ。ちょっと後悔。
 ロケーションですが、池のリフレクションがちょっぴり有名ですが、まだ観光地としてあまり知られておらず、星の人も少なめです。いわゆる穴場。
 1度撮影に行っていますが、写真で見ると天の川が写っているので南向きに開けたロケーションがありそうなのですが、ベンチと小屋がある、いかにもここで撮ってくださいとなっているところは、開けている向きが真北で、天の川とか見えそうもない上に、大阪の街明かりで空が白い…
 今回は良く地図を見ると、裏に回れるところがありそうだということで、そちらに行ってみました。なるほど、南向きに撮れそうなところはありますが、三脚を立てたら人が通るのがやっとなぐらいの細い通路!油断すると池に落ちそうで怖かったです。う~ん、せっかくのロケーションなのに、民家が近いからなのか、地元があまり観光地としてはアピールしていないみたいで、もったいない。
 でも、天の川の季節は美しい絵が撮れそうなので、また行ってみたいですね。
 あと、神野山フォレストパークに匹敵するぐらい大阪から近いのもポイント。フォレストパークは人が多いから、あんまり撮影には向いていないんだよなあ。初心者の頃は、人がいる安心感でよく行きましたが…





【旅行記・星景写真】2020年11月12日~14日 長野 美ヶ原高原「王ヶ頭ホテル」

 ちょっと写真が大量で投稿に手間取ってしまいましたが、2020年11月12日~14日に長野県の美ヶ原高原にある王ヶ頭ホテルに泊まりに行ってきました。
 このホテル、大好きすぎて、もう3回目のリピートです。1回目はまだカメラ趣味を始める前ですが、曇って星など全然見えず。2回目はカメラ始めたばかりの頃、星の鑑賞&撮影を楽しみに出かけたのですが、またしても曇り。しかし、午前2時頃から晴れそうだというSCWを信じ、ホテルの夜のイベントをスルーして午前2時起床。そこからはキレイな星空を堪能することができました。
 さて、3回目の今回は、ほぼ前工程快晴で雲もほぼ出ていないという素晴らしいコンディション、初めは1泊で予約していたのですが、毎日Webサイトをストーカーしていたら、最上級部屋に空きを発見、普段なら躊躇するお値段だったのですが、GoToトラベル実施中ということもあり、即決で予約、初の2泊と相成りました。
 この宿、高原の一番頂上にあり、最後の敷地周辺の数キロは丸ごと私有地なので、直近の山小屋に駐車して、ホテルのバスで連れて行ってもらいます。この関係で周辺で観光する拠点にするには、ちょっと使いにくかったりしますが、その分、周辺の高原が丸ごと日本ではあまり見られない標高2000メートルの地平線広がる大高原だったり、ホテルはイベント盛りだくさんだったりと、もうオモテナシあふれる癒し空間なんですよね。前2回は周辺の観光をしていて宿周辺を散策する暇がなかったので、今回は思い切って周辺の観光地には一切行かず、美ヶ原高原だけで過ごす3日間を全力で堪能してきました。
 飽きるんじゃないの、と思われますが、このホテル、何と40%以上のリピート率だそうです。わかる。だってまた行きますもん。今度は天の川の季節に💝

【作品たち】

















【その他】