2021年6月6日日曜日

Oculus Quest 2で始めるVTuber計画 Part3(バーチャルモーションキャプチャーの基本設定)

Part2のつづきです。

Part1で、基本的なスタンドアローン設定から、Oculus Linkの有線接続、そして無線でOculus Linkの接続を行いました。
Part2で、Steamのゲーム及びSteamVRを使用できるように設定しました。
Part3では、バーチャルモーションキャプチャー、通称ばもきゃとかVMCとか言われている3Dモデルを各種のVR機器で動かすソフトウェアのセットアップを、テスト用のモデルを使用して行っていきます。

1 バーチャルモーションキャプチャー(以下VMC)をダウンロードします。無料版はBOOTHからダウンロードできますが、後ほど登場する「EVMC4U - EasyVirtualMotionCaptureForUnity」など、ツールを介してUnityと連携するなどするための、VMCのモーションデータの送信機能(OSCモーション送信)はpixiv FANBOXによる支援者限定の機能となっています。月300円からで、その時のバージョンをダウンロードするだけなら、1か月で中止しても大丈夫です。ただし、精力的に機能追加がなされているので、継続的に支援するのも良いかと。


ダウンロードして、解凍後は、インストールなしで使えるタイプなので、フォルダごと任意の場所に設置します。


2 テスト用のモデルとしてニコニ立体の「アリシア・ソリッド」ちゃんをダウンロードします。ダウンロードするのはVRM形式の方になります。


同じくダウンロード、解凍後は任意の場所に保存します。

3 VMCを起動します。同時にSteamVRも自動的に起動し、ステータス画面が表示されます。

4 VMCの「コントロールパネル」→「VRM読込」をクリックするとVRM読込画面が表示されるので「VRM読み込み」をクリックして先ほどダウンロードしたアリシアちゃんのVRMファイルを読み込みます。ライセンス情報が表示されるので、「同意して読み込み」をクリックすると、VMCのメインウィンドウにアリシアちゃんが表示されました。



5 Oculus Quest 2を装着し、Oculus Linkを接続します。バーチャルデスクトップを起動すると作業中のPCのデスクトップが表示されるので、「キャリブレーション」を選択します。キャリブレーション画面の「キャリブレーション」を選択すると5秒カウントダウンがはじまりますので、その間にモデルと同じTポーズを取ります。

6 コントローラーの動きに合わせてアリシアちゃんが動くようになりました。


つづく。

Oculus Quest 2で始めるVTuber計画 Part2(Steamとの連携)

Part1のつづきです。
Part1では基本的なスタンドアローン設定から、Oculus Linkの有線接続、そして無線でOculus Linkの接続を行いました。次にSteamのゲーム及びSteamVRを使用できるように設定していきます。

1 Steamのサイトを開き、Steamクライアントをダウンロードしてインストールします。アカウントを持っていなければ、アカウントを作成してログインします。アカウントの作成要領はよくある手続きなので省略します。




2 PCのOculusアプリの「設定」→「一般」→「提供元不明」をオンにします。


3 Air Linkまたは有線でPCと接続し、Oculus Rift版のVRのホーム画面でショートカットのリストから「バーチャルデスクトップ」を選択します。

4 VR上に接続したPCのデスクトップが表示されるので、Steam版のゲームアプリを起動すれば、VR上でSteamのゲームを実行することができます。これでSteam版BeatSaberもできるよ、やったね。

5 次にSteamVRを使用できるようにします。PCのSteamクライアントでSteamVRを検索してインストールします。

6 3、4と同様の手順でSteamVRを起動し、画面にVRヘッドセット及びコントローラーの接続状況が表示されれば正常動作OKです。


Part3につづく。

2021年6月3日木曜日

Oculus Quest 2で始めるVTuber計画 Part1(基本セッティング、有線Oculus Linkの接続、無線(Air Link)Oculus Linkの接続)

Oculus Quest 2を買いました。
本来の目的は、新しい創作ワークフローを組み立てたいというもの。
MMDで色々作ってきましたが、モーションを作るのは、あまり好きにはなれませんでした。
モーションキャプチャーは昔から憧れがあったのですが、あまり床にベースを置いたり配線だらけになることは、家がルンバ運用しているだけに避けたいところで、まずはシンプルなOculus Quest 2で試してみようかな、といったところ。
ハマったらもっと高級な何かに移行するかもしれませんが、とりあえずBeat Saber面白いねw

1 とりあえず、基本的なスタンドアローンセッティングをします。Oculus Quest 2を運用するにはfacebookアカウントが必須なので、持ってなければ取得します。そしてOculusアプリを入れてfacebookアカウントでログイン、あとは本体を起動して指示通り進めばスタンドアローンのセッティングは簡単に行えます。そうそう、Quest 2 Eliteストラップと、眼鏡の人は組み込み式の眼鏡を合わせて用意するのがおススメです。眼鏡用のアタッチメントが本体に添付されていますが、まあしんどいです。

2 公式サイトからOCULUSソフトウェアをダウンロードしてインストールします。あとは指示に従って接続すれば、PC用のホーム画面が立ち上がります。












3 有線で接続できたので、無線での接続に切り替えます。
・PCのOculusアプリで「設定」→「ベータ」→「Air Link」をオンにします。

・Oculus Quest 2を装着し、「設定」→「テスト機能」→「Air Link」をオンにします。
Oculus Quest 2の「クイックアクション」→「Oculus Air Link」を選択し、使用するPCが表示されるので「マッチング」し、「起動」します。

Part2につづく。